FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
古い雑誌
古い雑誌を捜索していたら面白い物が出てきました。
それは「ALLAN(アラン)」という雑誌です。
「変態少女のための耽美派マガジン」というコピーが
表紙に書いてあって「類似品にご注意ください」とも
書いてあります。まぁ、あんまり類似品はないと思うし
何とも衝撃的なコピーは私と違ってるかもと思いますが。
とりあえずの特集記事が「デビッド・ボウイ」だったので
きっとそれだけで即買いしちゃったんだろうなぁ(笑)
発行は昭和56年10月になっていて、定価520円也。
もうボウイさんにどっぷりハマッていた私は満足でしたが
それ以外の記事もかなり面白かったんですよね。
美しマンガあり、耽美時代劇研究の必殺シリーズあり!
美少年新聞あり、音楽のページなども充実しているんです!
類似品のライバル誌(ジ○ネ)よりもロック満載なのが◎。
いやぁ、今見てもイケてる雑誌ですよ、これは!


スポンサーサイト
【2005/05/25 20:47 】
| 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) |
<<ラーメン激戦地区 | ホーム | 噂のレッサーパンダ>>
コメント
まほさんこんばんは!
懐かしい話題です。といっても私は読んだことがなくて、でも友人の約2名のデヴィッド・ボウイファンは読んでました。彼女らは2人ともインテリだったから、「レベルの高い雑誌なんだろうな」と思ってました。<変態>かどうかはともかく(笑)

その友人が同人誌を作るというので1、2回協力したんですが、いや私の<美少年>の持ち札は少ない少ない(笑)。結局、2号ぐらいでリタイアしたような記憶があります。彼女達に言わせれば、アンディ・パートリッジとかが好きな私のほうが、よっぽど<変態>だったのかもしれません。
【2005/05/26 00:08】
| URL | ショコポチ #BV2HlQyQ[ 編集] |
ショコポチさん、こんにちは。
「アラン」は見かけによらずロックな雑誌だったんですよね。そっち方面のレベルは高かったと思います。多少<変態>ぽいところもあるにはあったけど、けして暗くなかったのが良かったんです。でも、そうゆうのを喜んで読んでいた私は<変態>指数やや高めかも(笑)
<美少年>同人誌ってマニアの皆さんにはたまらないですね~。ちょっと見てみたいです(笑)アンディさん、今は落ち着いて<なごみ系>に見える時があります。それはイーノさんも同じなんですが、彼らを愛好するショコポチさんと私は、やはり<変態>指数が高めなんでしょうか???(爆)
【2005/05/26 11:59】
| URL | まほ #MgyRFl1Y[ 編集] |
「類似品にご注意ください」のコピーに笑ってしまいますた♪
こういうのにもオリジナリティの主張が・・・!否こういうものだからこそ「誇り高貴」独自性を主張するのでしょうね(笑)
「美少年耽美系」と言えば栗本薫女史を直ぐ連想してしまいます♪
【2005/05/26 19:53】
| URL | oide #sSHoJftA[ 編集] |
こんばんは!
私も一度だけアランを買ったような気がしていたのですが…類似品だったかもしれません(T_T)
こんなすごいコピーの雑誌をレジに持っていく勇気なんて、高校時代の私には皆無でした…ってことは、ますます類似品説に信憑性がっ<(_ _)>
【2005/05/26 20:24】
| URL | ぞーい #rU1ais8M[ 編集] |
oideさん、こんにちは。
いやぁ、私が言うのも変ですが「アラン」は割りと気さくな雑誌だったんですよね。もちろん独自性もあったと思いますが、素人さんにもわかりやすい内容だったような気がします(笑)



ぞーいさん、こんにちは。
今になって冷静に考えると男性の方が、えっちな本を買うくらい恥ずかしかったかもなぁ~(笑)でも当時の私はなぜか怖いもんなしのパンク状態でしたのでボウイさん特集を見た瞬間買わずにはいられなかったんでしょう(笑)
類似品(ジ○ネ?)のほうが、表紙、内容ともに美しく真面目だったようです。でもマニアックさは、むしろそちらのほうが上だったかも知れませんね(笑)
【2005/05/27 11:54】
| URL | まほ #MgyRFl1Y[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mahomaho.blog6.fc2.com/tb.php/65-8650d3d8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。